店舗開業コストはどのくらいかかる!?

開業コストシミュレーション

イニシャルコストはもちろんのこと、ランニングコストのこともきちんと考えていますか? 「とりあえずオープンして利益を出せば……」といった甘い試算でいると、あっという間に経営は立ちゆかなくなってしまいます。ぎりぎりの経営ではいつまでたっても初期投資を回収できず、利子ばかりが膨らんでしまいかねません。

店舗開業にあたっては、現実的な月次試算をもとに、これだけは売り上げなくては赤字になってしまうという損益分岐点を算出し、売り上げの予測や目標を立てる必要があります。
損益分岐点が明確になることで、イニシャルコストやランニングコストを調整することができ、現実的な店舗づくりが可能になるのです。

以下は、20坪程度のカフェを開業する場合にかかる1ヶ月のコスト試算例になります。これをもとに、損益分岐点を設定してみましょう。

1ヶ月にかかるランニングコスト例(20坪程度のカフェをする場合)

人件費 103万円(店長兼務の経営者30万円、正社員25万円、アルバイト時給800円×2名×12時間×25日営業)
地代 27万円(一坪あたり1万円として算出、駐車場1台分を加算)
水道光熱費 12万円(一坪あたり 5千円として算出)
通信費 4万円(電話、インターネット)
車両燃料費 5万円(ガソリン代のみで設定)
宣伝広告費 10万円(チラシ、フライヤー、ミニコミ紙、季節のDMなど)
消耗品費 16万円(お箸、おしぼり、掃除用品、その他)
雑費、予備費 7万円
合計 183万円

損益分岐点の設定

一般的な飲食店の原価率は30%程度ですので、逆に粗利益率(売上高総利益率)は70%ということになります。ランニングコストが毎月183万円だとすると、下記のような計算式で損益分岐点を算出します。

ランニングコスト【183万円】×(1÷粗利益率【0.70】)=損益分岐点売上高
183×(1÷0.65)=2,614,285

20坪程度のカフェを経営する場合、月に最低261万円の売上高が必要だということになります。次に、この損益分岐点売上高をクリアするために、どのような経営形態にすればいいのかを算出していきます。

損益分岐点売上高をクリアするために

月に261万円の売上を出すために、逆算して平均客単価、来店人数、営業日数を設定してみます。

  • 客単価・・・1,000円とする
  • 1日の来店人数・・・客席22席で1日5回転とする
  • 営業日数・・・25日

平均客単価【1,000】×1日の来店人数(客席数【22】×回転率【5】)
×営業日数【25】=1ヶ月の売り上げ
1,000×(22×5)×25=2,750,000

1ヶ月で275万円、1日平均11万円の売上がないと店舗経営を維持できないことになります。この数値は最低限の数値ですから、儲けや借入金の返済などに捻出できる利益はでません。損益分岐点売上高や1ヶ月の予測売上をもとに、店舗建築や機器導入コストなどのイニシャルコストや人件費、営業時間・日数などの設定を検討していきましょう。

イニシャルコストのことも考えてみましょう!

イニシャルコストを抑えて安定経営

開業をするにあたって、すでに土地を持っている、あるいは更地を借りる場合には「店舗建築」あるいは「コンテナハウス建築」という選択肢がありますが、店舗を新築するよりもコンテナハウスを利用したほうがイニシャルコストをグッと抑えることができます。

コンテナハウスの建築費

下記は、18坪のコンテナハウスを建築した場合にかかる建築費の例です。20f ISOコンテナの本体価格は1台40~45万円、内装工事費などにかかる費用を加えて、合計(基本仕様)650万が必要になります。

コンテナハウス本体価格  20f ISOコンテナ×4台 1,800,000円
内装工事費用(デザイン設計、看板制作などを含む) 3,000,000円
設備費用(ガス・水道・電気) 1,700,000円
合計  (基本仕様) 6,500,000円

ジャカコン西日本のコンテナハウス建築事例 低コストでコンテナハウスをおつくりします!

このページの
先頭へ

  • 店舗開業をお考えの方はこちら
  • 事務所・オフィス建設をお考えの方はこちら
  • 導入事例 店舗
  • 導入事例 事務所・オフィス
  • 店舗開業のノウハウ
  • STEP1 事業計画・資金調達
  • STEP2 コンセプト設計
  • STEP3 物件選び
  • STEP4 店舗設計・施工
  • 店舗開業コストはどのくらいかかる!? 損益分岐点から考える
  • 飲食店開業における各種申請
  • ジャカコンのコンテナハウスが選ばれる理由

ページの先頭へ戻る